自己破産の費用ってどれくらいかかる?※気になる自己破産情報

自己破産の費用ってどれくらいかかる?※気になる自己破産情報

自己破産の費用ってどれくらいかかる?※気になる自己破産情報

自己破産の申請には費用がかかりますが、費用額は方法によって異なります。
つまり、自分でやるか、弁護士に依頼するか、司法書士に頼むか、などで費用が異なるのです。
具体的に言えば、自分でやれば5万円ぐらいですむ場合もありますが、弁護士だと30万円以上、司法書士の場合は20万円以上になります。
ということは、費用の平均は18万円~、ということになります。
では、自己破産申請で必要な最低限の費用を見てみましょう。
<収入印紙代>破産申立と免責申し立てのための収入印紙代として1500円かかります。
<郵便切手代>あらかじめ納めておく郵便代として、3000円~15000円かかります。
<予納金>予納金として2万円かかります。なおこの予納金はケースによって異なり、破産管財人が必要な場合は20万円~50万円が必要になります。内訳は以下のとおりです。
①同時廃止事件⇒1万円~3万円。
②の1⇒管財事件、50万円以上。
②の2⇒小額管財事件、20万円以上。
なお、同時廃止事件とは、免責が下りて、自己破産が認められた場合のことを言います。
また、管財事件とは、免責が下りずに、自己破産が認められない場合を言います。
小額管財事件は管財事件より費用は安くすみ、手続きは2~3ヶ月で終わります。
以上のように、自己破産の費用は多様ですから、その額は一概には言えせん。
とはいえ、自己破産は個人によるものが圧倒的に多く、この場合の平均は前述のように18万円~、ということになります。
でも、これはあくまでも平均ですから、自己破産申請の準備に際しては、これより多めに用意しておくことをおすすめします。