自己破産する前に知っておくべきデメリット※失敗しないためのガイド

自己破産する前に知っておくべきデメリット※失敗しないためのガイド

自己破産する前に知っておくべきデメリット※失敗しないためのガイド

自己破産したときのデメリットに財産の処分があります。99万円を超える現金と時価20万円を超える資産を残すことができません。これにより持家の場合は家を手放さなければなりません。車についてはローンを完済しており、ある程度古いものであれば査定が20万円を下回ることがあり、この場合は残せます。
クレジットカードの作成したりローンを組んだりすることが難しくなることも自己破産によるデメリットです。個人信用情報機関のブラックリストに登録され、最長で10年間は残ります。審査の際にブラックリストに記録があると貸し倒れのリスクが高いとされるため、審査に通りにくくなります。10年経てば記録はなくなりますが、利用していた金融機関やそこと提携している金融機関には独自に情報が残っています。そのため、個人信用情報機関の記録から消えても自己破産したことを追跡できるので、審査に落ちることがあります。また、それ以外の金融機関でも、10年間カードが利用できないと登録情報がスーパーホワイトと呼ばれる不自然な状態になり、債務整理したと判断されることもあるので自己破産前より審査に落ちやすい状態になります。
国が発行する官報にも記載されるデメリットがありますが、これは一般の人が目にするものではないため周囲に破産したことを知られる心配はありません。
一定の職に就けなくなる資格制限は自己破産の手続きをしてから免責が決まるまでの期間だけであり、影響を受けない人も多いです。しかし、制限される職に就いている場合は職を失う場合もあるため注意が必要です。