自己破産はギャンブルでの借金にも適用される?【借金を賢く解決】

自己破産はギャンブルでの借金にも適用される?【借金を賢く解決】

自己破産はギャンブルでの借金にも適用される?【借金を賢く解決】

自己破産は、負債を返済することができなくなった人が裁判所に申立をして、持っている財産を換価して債権者に配分するかわりに、債務の支払いから免れるための手続きのことをいいます。
この自己破産の一連の手続きのなかで、申立をした人の債務が免除される根拠となるのが、裁判所による「免責許可」という決定です。
しかしながら、破産法のなかでは「免責許可」を与えることができない理由がいくつか列挙されており、これは「免責不許可事由」と呼ばれています。
「免責不許可事由」には、買い物や飲食などの浪費行為、パチンコや競馬に代表されるギャンブルのような賭博その他の射倖行為などによって、持っていた財産を減らしたり、過大な借金を負った場合が含まれています。
したがって、ギャンブルを主たる原因として自己破産をしようとする場合については、法律上、自己破産をしたとしても「免責許可」のほうが得られないため、将来も債務の支払い義務はなくならないことになる可能性があります。
ただし、実際には「裁量免責」といって、ギャンブルにのめり込んでいた期間が相対的に見て少なかったり、ギャンブルをしたことを真摯に反省していたり、負債を返済しようとする努力をしていたなどの理由で、裁判所からは一部の負債金額については「免責許可」が認められるという場合もあります。
ギャンブルによる自己破産の場合にも、あきらめずに法律上の手続きを進めたほうがよいといわれるのはこのためです。