自己破産しました。奨学金の返済はどうなる?※疑問にお答えします

自己破産しました。奨学金の返済はどうなる?※疑問にお答えします

自己破産しました。奨学金の返済はどうなる?※疑問にお答えします

奨学金は学校を卒業してから本人が返済していくのが基本ですが、低金利で借りられるとはいっても借金には変わりありませんので、卒業後の進路によっては厳しい返済が待っています。奨学金も同じ借り入れですから債務整理の対象となりますが、自己破産をする場合には問題も出てきます。奨学金は連帯保証人がいなければ借りることができないため、自己破産によって返済義務が連帯保証人に移ってしまいます。両親が連帯保証人の場合には状況は比較的楽ですが、親せきなど家族以外の人が連帯保証人になっている場合には血縁関係に亀裂が入ることもあります。借金の一つですから自己破産により免責許可が下りれば返済義務は無くなりますが、保証人がいる限り返済義務が残ってしまうのです。一方で両親が自己破産をしている場合に奨学金を利用できるかという問題もありますが、借主は子ども本人となるため両親が破産していても借りることが可能です。自己破産をすると一定期間は借入審査に通らなくなりますが、借りる本人とは無関係に思われています。しかし連帯保証人にはなれないケースもありますので、その際には審査に通らないケースも出てきます。信用情報機関には7年から10年程度事故登録が残りますので、その間に融資審査を受けるには保証人の問題を解決する必要があります。保証人が付けられない場合には保証機関を利用することも可能ですが、実際に申し込んでみなければ分からない部分があります。